2005年06月02日

ひゃー

今日は六連レクの話し合いのため新宿へ。
といっても早混とアカデミーのサブマネ+私という3人だけなんだけどね。
サブマネはレク担当と合唱祭担当に分かれるんです。

で、アカデミーは六連定演後、すぐオーディションやっているんだとさ。
早混もその1週間後からオーディションだとさ。

柏葉とは全然違いますな〜
柏葉は心機一転できるところが良いなあと思いました。

あ、新宿駅でまたしても迷いました。
上京して一年経つのに。
まあよい。


最近になってまた進路を迷い始めました。

@教育心理   かなり多忙になりそう。
          この場合、おそらく高校の国語教員になる。

A教育行政   この場合、司書か学芸員の資格を取るかも。
          そしておそらく司書か学芸員か公務員になる。
          カリキュラム的にそんなにきつくないから
          公務員試験の勉強をしっかりやれそう。

う〜ん、迷う・・・。学芸員もちょっと憧れなんだよなー。
陶磁器に囲まれて生活できたら幸せだぁ。
でも趣味を仕事にすると楽しめなくなるかもだからな・・・。
あ〜どうしよう。
posted by きり at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

学芸員
Excerpt: 学芸員学芸員(がくげいいん)(キュレーター)とは、博物館法に定められる、資料の収集、保管、展示、調査、研究、および関連業務を行う、博物館または美術館の専門職員である。学芸員は、国家資格でもある。学芸員..
Weblog: 国家資格−辞典
Tracked: 2005-07-03 18:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。